ふみちゃこ部屋



<   2018年 05月 ( 6 )   > この月の画像一覧


少し年嵩の座敷童子さん⁈

イーホートリーがどうしても直ぐに虫の息になるので、やはり、魂の底からすがってしまうのは、座敷童子さんなのであります。
「こ〜の〜胸におっすぅがぁりぃよぉ〜」
と、妄想のなか、「傷だらけのローラ」の二番のフレーズを、幼児用ヒデキコスチューム(あるのか?)とプチなロングヘア鬘で歌ってくれている、イマジナリーわらしちゃんがいます。

・・・一昨年の冬、宿でお逢いした座敷童子さんは、御顔輝く、ぷっくり笑顔をなさっていました。御顔の印象、光と笑顔の素晴らしさに、髪型の記憶はなかったのですが・・・。
今回は、前回ほど覚醒時にお逢いした感じではなく、夢なのか?と、疑いたくなる状態で現れた子の御顔(本当に夢・・・リアルが過ぎる夢だったのかなぁ)は、もう少し年嵩の、少年、と言ってもいいようなほっそりとした御顔立ちでした。坊主頭、と記憶しています。

今年の春先、左足の骨折ギブスが外れた直後に見た夢にも、年嵩の坊主頭の少年が、中学の中央玄関みたいな所で、何か文学の本やらが入った革の鞄と一緒に、出てきていました。

あ・・・
家人くんも、もう十年程も前になりますが、座敷童子さんの宿から帰ってきた後、坊主頭に着物に下駄の男の子達が、田舎の学校の校庭に居る様子を、スライドショーのようにパシパシ変わる映像として、見せていただいたことがありました。
その夜、瞑った瞼の奥から、紫ピンクと黄緑の渦巻きみたいなエネルギー体?が、物凄い速さで近づいてきたのに驚き、目を開けると、更に近づいてくるので、私は、隣の家人くんを揺す振り起こしました。
「ああ、これこれ」
と、家人くん。
その大きな丸いエネルギー体?は、家人君の方へ移動。
二人で指差して、先を追いましたが、その後、私には、これといって具体的なものは見えなかったんですが。
「わー、黄緑だー」
「格子だー」
と、家人くん。
天井に広がった黄緑、そこに格子が見え、格子の向こうで、坊主頭の子ども達の佇んだり、記念写真のような情景が、超高速スライドショーのように展開されたのだそうです。

ただ単に、昔懐かしい子ども達の情景を見せてくれたのかなぁ。

それとも、もっと本を読んだり、勉強したかったけれど、叶わなかった少年たちの魂の縁なのか・・・。

私には、まったくわかりませんが・・・、思い出す度に、今、偶然、この歳迄此の世に生かされていることに、謙虚になろうと感じるのであります。


[PR]
by chaiyachaiya | 2018-05-30 18:05 | 座敷童子さん | Trackback | Comments(0)

現時点での最強の鬱対策。

毎日毎日、緊張状態で生きている。

頭蓋骨の内側には、脳内死ね死ね団が、槍で突いてくる。
地平線の向こうからは、サメの歯歩兵隊が、ズンズン、近づいてきて、矢を放ってくる。
サメの歯、と言うだけあっって、倒しても倒しても、地平線の向こう、時空の彼方から、無限に湧きあがって、終わりが無い。

これ迄に、一度だけ、私は武道館の5倍以上にでっかくなり、小粒になった脳内死ね死ね団とサメの歯歩兵隊を、蹴散らし踏みしだいたことがあるのだけれど・・・。

やっぱり、next morning 等身大か、0、76倍くらいに戻っていて、勝ち目の無い闘いが再開された次第であった。

・・・コトダマ。言霊。

概ね言葉でヤラレテきたのだとしたら、言葉で、なんとかならないものなのか。

というわけで、

私は、改名することにしたのだった。

ふみちゃこ・イーホートリー

苗字を、イーホートリー、とした。

そう。

なんでんかんでん、いい方を取る。

モノゴトの解釈も含め、と言うか、大体そういう事。

「何暗くなっておいでだい。名前の、苗字の、イーホートリーが泣くよ」

イーホートリーのspell、どうしよう、いや、カタカナでいいのである。

数週間前より、イーホートリー、として、生きている。

イーホートリーとして生きあぐねる時間帯も多いが、イーホートリー、イーホートリー、だって私は、イーホートリーだし、イーホートリーだから、と魂に向かって唱えている。

アホウドリと、響きが、韻を踏んでいるところも、笑いを誘いそうで、良い気がしている。



[PR]
by chaiyachaiya | 2018-05-29 11:36 | ねこの寝言 | Trackback | Comments(0)

安倍晋三さんと近所のスーパーコスモス

最近よく耳にするのが
「自分の周りに安倍内閣を良く言う人はいねえのに、なしてだか選挙てば、安倍内閣勝づんだいなー」
という民たちの言葉なのでありますが・・・。

同じように頻回に、ネイバーらから聞く文言としては
「コスモスの魚、とぐに刺し身な、高くてばりで、うまぐねえし、割引ぎの時間も遅えふて、いぐねえな」
「コスモスの肉な、色っぺ悪ぐなっても、割引きしねし、種類も少なくて、いぐねえな」
「コスモスの野菜、最初から乾涸びでるべどな、いぐねえな」
コスモス(仮称)とは、近所にあるスーパーマーケットです。民たちの評は、概ね惨いものですが、夕刻、毎日、とっても混みあっています。
社員の方々の感じはとても良いのです。
でも、一番は、競争相手の未だいない、ほやほやの新興住宅街や、全国チェーン店が目もくれない、大手フランチャイズから、最初から打ち捨てられ、買い物と言えば自家用車、の今の時代にあって、手押し車を押しながらの徒歩という高齢者たちが湧き出てくるような、自家用車を走らせて離れたスーパーマーケット迄、買い物に出られない人びとが、仰山住んでいる場所を選んで出店しているからだと思われます。
立地的に、競争相手がいない分、値引きも頑張らなくてもいいし、その他の事項についても、推して知るべし、なのではないでしょうか。
でも、繰り返しますが、そこで働いている方たちは、とてこ感じが良いのです。

で、でです。

安倍内閣、安倍晋三氏と、スーパーコスモス、私のなかでは、何か韻を踏んでいるトコロがあるのですが・・・。

はて?・・・


[PR]
by chaiyachaiya | 2018-05-25 20:08 | ねこの寝言 | Trackback | Comments(0)

「傷だらけのローラ」そして「傷だらけの老婆」

若い頃、同級生の女子らが、ひろみとか五郎とか秀樹などと、騒いでるのが、とても不思議だった。
だって私は、沢田研二とブルース リーとチャールトン ヘストンが好きだったから。半年後には、フレディ マーキュリーを好きになっていたから。
ことに、TVで見ていて一番困ったのが、西城秀樹だった。や、西城秀樹に困っていた、というか、正確に言うと、ワイルドだかセクシーだか知らないが、ローラ、って、何だ? と、苦しんでいたのだ。
ちょい長髪で、よく仰け反るベルボトムの青年に、祈りも誓いも愛も捧げられてしまいそうなローラ、て、白系ロシアの人なのか、ハンガリー人なのか、日本人とのハーフなのか、クオーターなのか。いや、日系ブラジル人で、人種的には、一重瞼の日本人かもしれない。
でも、こんなドラマチックな設定(設定、いや、よくわかりませんが)の曲を作り、演出し、流行らしてしまう大人って、凄くて、狡い気もした。
歌詞のなかに。この胸におすがりよ、というくだりがあった気がする。
今だったら、祈りも誓いも愛も捧げる、胸におすがりよ、と目の前であのように青年に仰け反られ熱唱されたならば、抱いていた好意も一転、ストーカーの気配あり、とスタコラ逃げ出すのではないだろうか。

否。

1ヶ月ほど前、洋楽チャンネルが見られなくなったので、その周辺のチャンネルを彷徨っていた時だった。
ごく若い、長髪ベルボトム状態の、西城秀樹オンステージかリサイタル、のような番組に当たった。j
野外ステージや武道館以前の、細こいヒデキ。
とっても感心したことがある。
きゃーきゃー言う客席のファンに、一人一人に対して、眼差しや仕草が、温かいのである。客席に降り、握手を求められ、応えるヒデキは、まるで、この子たち全員の、僕は夢なんだ、夢見られる対象として、責任を持って応えなきゃ、と本心から思っているように見えた。
夢見る方も見られる方も、昭和のムカシだからかなぁ、とも考えてみたが、やっぱりヒデキは、性格が良さそうに見えていた。

「傷だらけのローラ」に憤慨していた私も、経年により「うっかり生傷だらけの骨折もする老婆」になり、傷だらけの老婆目線からだと、ヒデキは、この上なく、美しく、優しい生きものに思えてしまう。
人気があったのも、当然である。

今思えば、「寺内貫太郎一家」でのヒデキも、そう言った意味で、素晴らしかった。
長い手足で胡座をかいて、婆ちゃん役の悠木千帆(現 樹木希林)とやり合う場面の、「汚ねーなー、婆ちゃん、んもう、汚ねーなー」を、YouTubeで幾度も見ては、笑いながら、泣いてすらいる傷だらけの老婆な私なのだった。


[PR]
by chaiyachaiya | 2018-05-23 22:52 | ねこの寝言 | Trackback | Comments(0)

こん次生まれ変わったって

こん次生まれ変わったって

フレディ マーキュリーが

私を 愛してくれる保証はない

こん次生まれ変わったって

シャールク カーンが

私を 求めるとは限らない

こん次生まれ変わったって

西城秀樹が

私に 憧れてくれる って 無いっぽい

こん次生まれ変わったって

ノエル ギャラガー の2番目の妻になれそうもない

はぁ

んでも

だからさ

取り敢えず

生きとうとよ

キツく ユルく

生きてんのでがんす


[PR]
by chaiyachaiya | 2018-05-20 22:08 | ねこの寝言 | Trackback | Comments(0)

投げ込まれた幾つもの歪んだレンズについて


まぁ いわゆる

アダルトチルドレン の ハナシなんですが

環境によって

澄んだ魂の水源に 小さな静かな湖に

歪んだレンズを幾つも 投入されてしまった人びと

とも 言える気がします

暖かな陽光が 差し込んできても

泉の中の歪んだレンズが 反射し合い

事物のかたちが歪んで 泉の内壁に映し出されます

おかしなレンズの光の矢で

奥底も内部も 焼かれたり 焦げたり します

初め 澄んでいたからこそ

これを繰り返すうちに 酷い乱反射の揺らめきで

いつでも揺らぐ人になります

物事を理で捉える権利を 奪われたままになります

魂が泣きっぱな人となるのです

これは ゆくゆく

人類全体の 大きな損失になります

子どもの周りにいる方がた

その子の隣にいる方

どうか 何卒

よろしくお願い申し上げます


[PR]
by chaiyachaiya | 2018-05-09 09:10 | Trackback | Comments(0)

カテゴリ
Twitter
以前の記事
フォロー中のブログ
最新のコメント
Mitsuki様 コメ..
by chaiyachaiya at 10:09
メールなどでかかりつけの..
by sweetmitsuki at 18:46
こんにちは。 スペース..
by つねさん at 07:18
サンチ氏にはかなわぬかも..
by chaiyachaiya at 12:45
きゃわゆいの~。
by saheizi-inokori at 10:52
あまり高速回転を極めると..
by chaiyachaiya at 11:05
俺は今頃初めて踊ってる。..
by saheizi-inokori at 21:19
俺は今頃初めて踊ってる。..
by saheizi-inokori at 21:18
猫トイレも猫の数より多く..
by chaiyachaiya at 08:13
以前に訳あって、ハウスホ..
by sweetmitsuki at 06:03
最新のトラックバック
検索
タグ
その他のジャンル
最新の記事
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧