ふみちゃこ部屋



夢の最中に眠るやら気を失うやら...の夢。その1

この頃などは、夢の最中、唐突に、バクッと、気を失ったり、眠ってしまったり、人事不省となっていたりする。
夢の中で、記憶が途切れた時間帯(実際は、夢の法則に従い、0点1秒あるかないか、なのだろうか)があるというのは、甚だ不安だ。
それでなくとも、どこか覚束ない、捉えどころのない夢の王国で、王国の主は、夢を見ている私であるはずなのに、主が感知できぬ領分が存在してしまうというのは、心許なく、胸苦しささえ感じられる。

多分、見ている夢の内容にもよるのだろう。この不安な感じは。

自宅のキッチンシンクで洗い物をしていて、ふと気がつくと、出現している、6、7人の、女性達。
モネの描く女性の装束のタッチで、紺色を基調とした色合いで、彼女達は、優しげに、山脈のように、連なる、心ならずも切り立ってしまった岩岩のように、私の周りを、取り囲んで立っている。
私よか、一回りは若い。言葉は無く、けれど、彼女らは、とても、慈愛と、諦観に充ちている。
私には、分かる。
彼女らは、少なくとも、一度は、心療内科医に投薬されたことがある。今も、ゆるゆるとしたかたちで、通院しているかも知れない。けれど、そこに、嵌まり込んでもいない。以前貰ったクスリの粒を、御守りのように、ポーチの片隅に仕舞っている。
そして、彼女らは、そろそろと、私に、その、めいめいの、エスニックだったり、フェルト製だったり、ビーズ刺繍だったり、裂織風だったり、のポーチから、錠剤を、差し出した。
のだが、それらの心療内科的錠剤は、彼女らの掌の上で、小さな金属のハートに変じた。

その瞬間、私は気を失い、夢の中、意識が戻った時、古い温泉旅館の中くらいの広さの和室で、綾瀬はるかさんに、、過去の過ちを指摘されていたのだった。
[PR]
by chaiyachaiya | 2016-04-17 15:49 | ねこの寝言 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://fumichako.exblog.jp/tb/22724226
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 夢の中気を失うやら、気絶するや... ジュヒの計略とクラブサンドの夜 >>

カテゴリ
Twitter
以前の記事
フォロー中のブログ
最新のコメント
Mitsuki様 コメ..
by chaiyachaiya at 10:09
メールなどでかかりつけの..
by sweetmitsuki at 18:46
こんにちは。 スペース..
by つねさん at 07:18
サンチ氏にはかなわぬかも..
by chaiyachaiya at 12:45
きゃわゆいの~。
by saheizi-inokori at 10:52
あまり高速回転を極めると..
by chaiyachaiya at 11:05
俺は今頃初めて踊ってる。..
by saheizi-inokori at 21:19
俺は今頃初めて踊ってる。..
by saheizi-inokori at 21:18
猫トイレも猫の数より多く..
by chaiyachaiya at 08:13
以前に訳あって、ハウスホ..
by sweetmitsuki at 06:03
最新のトラックバック
検索
タグ
その他のジャンル
最新の記事
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧