ふみちゃこ部屋



おそらくは不意にマイクを向けられたフレディ マーキュリーのトーンで。

海外 を、フォーリンカントリーではなく、文字通り 海の外、と解した時、北海道の函館にしか、渡ったことがありません。お船で。
諸般の事情によります。飛行機が怖い、という基本問題もあります。
乗っている人びとのあるパーセンテージの人びとが、例えば、私の住む土地の言葉で表すところのものの、
「わいはぁ、こったらだ、鉄のかだまり(塊)のでっけぇの、空さ浮がぶわげ、ねえべどな」
put into Japanese
「おりゃまぁ、このような鉄の塊の巨大な物が、空に浮かぶわけなど、ないでしょうに」
と、感じ入った瞬間、飛行機、という存在が、この世界から消えてなくなるような強迫観念の下で生きている、困ったオバさんの私・・・。

それでも、これまで、3回は、飛行機に乗って飛んだよ。凄い嵐のなか、窓の外の翼が、バサワサ震える飛行もあったよ。

本当だったら、今頃、飛行機から降りて、沖縄の名護で、和んでいるはずなんだよ。
有り難い友人の誘いに乗って・・・。なのに。あぁ。

・・・この秋、長男が、北欧に2週間ほど滞在した。
彼にとって、初めてのフォーリンカントリー。んもう、わしとしては、心配で心配で。
毎日、「大丈夫?」メールを送り続けてしまったとです。
電話も、一度、かけてしまったのですが、・・・。
「あーゆーおーらいっ? い、今、大丈夫? 日本語で喋っても、大丈夫?」
と、わし。
「あ、いいけど」
と、長男。
その時、ゴオオオオオオォォォォォ〜っという、如何にも電車の走行音のようなサウンドが、受話器(端末)を通して私の耳に、鳴り響いたのだった。
「乗り換えだから」
と、冷静な日本語の長男の対応だった。
私は、それに対し、何を思ったのか、いや、何も思っていなかったのか、どんな心理が働いたというのか、咄嗟に、
「Oh! ネックスト トレインっ」
と、素っ頓狂な声をあげて言い、バシっと、電話を切ったのだった。暫く、はぁはぁ、していた。
私の声色は、おそらくは、通常の発声より、半オクターブ半(?)ほど高め、であった。

お家にある、“QUEEN 栄光の軌跡 ”みたいなビデオのなか、ブタペストだったろうか、クルーズから降り立った東欧の国の河の淵で、唐突にインタヴューのマイクを向けられてしまうという事態に、本来のファルセットヴォイスのまま、フレディ マーキュリー様然、としなきゃ、でも、いまいち、間に合いませんでした、的な様子で「〜パティキュラス(particulars?)」って、言ってた(聞こえた)あの日のフレディ・・・。ああ、愛おしいなぁ。
・・・のような声色に、私は、なっていたのである。

その後も、ひつこく安否をうかがう私の「大丈夫?」メールに対する、長男の文言は、微妙に変化していった。
「大丈夫です」
「大丈夫ですよ」
「大丈夫ですって」
「大丈夫だってば」
「大丈夫や」
「今帰路の途中や」
何故だろう。関西弁になっていった。

・・・ところで、二男は、常日頃から、電話が概ね繋がらない。ハラハラしている。
数日前、行ってきました、という言葉とともに、画像が一枚届いた。
吹雪のなか、メトロノームみたいな三角定規みたいな、何かが写っている。
拡大すると、その下に、 “日本最北端の地” という横書き文字が読み取れたのじゃった。

ああ。・・・あああ。
[PR]
# by chaiyachaiya | 2016-11-08 18:56 | ねこの寝言 | Trackback | Comments(0)

Oops!...I Did It Again な夕刻。

Oops!...I Did It Again いうたら、ブリトニー・スピアーズのヒット曲みたいじゃないですかぁ。

て、わしはまた、やってしもうた。

んとさ、数日前、咳など所謂風邪の症状を呈して、家人くんが熱を出し、近所の焼き鳥屋さんの、お持ち帰り真空パックのカレーが食べたい、若い時分、カレー食べて、熱下がった事ある、て言いましてん。

私は、開店間もない件の焼き鳥屋さんの、ガラス引き戸を開けましたのです。
「ひとり?」
と店主さん。
「いえ、あ、お持ち帰りのカレーを売ってくださいな」
と私。
はぁ、ここで飲み食いじゃないわけか...
という表情を、店主さんは、当然、一瞬、する。
カレー二個で、千円支払って、帰る時であった...

私は、校長室を退室する時の小学一年生の如く、焼き鳥を焼いている店主に、決して尻など向けず、正面を向いたまま、出来うる限り恭しく首を垂れ、ガラス引き戸を閉めたのでありました。
『ごめんなさい。いつもなら、家人くんや友人と、生ビールやシークァーサーサワーやぼんじりやチーズがっこやキムチウインナーなどで、数千円は支払うのに、ご期待に添えず、申し訳ありません』
という気持ちになってしまった結果でした。
関西の友人に言うたら、
「バッカじゃないですか」
て、言われそうです。

ああ。治らんのう。わし。
その場にいる誰かにとって、都合の良い存在、なんらかの利得を与える存在でいなければ、自分の命の保証がない、という怯え。幼い頃からの...ああ。

そんな考え、接し方は、場合によっては、逆に、心ある相手の方に失礼だったりもすると思う。解ってる。

じゃが、また、やっちまうんだよなぁ。

気がつくと、へこへこしちゃってるんだよなぁ。
[PR]
# by chaiyachaiya | 2016-11-01 16:36 | ねこの寝言 | Trackback | Comments(0)

恐るべし地方紙夕刊占いとアセスルファムカリウムなど。

「や、あの新聞の夕刊の占い、食材の仕入れの目安にしてるんだよね、当たるんだよ、いつも」
と、ご近所のレストランの主人が言っていた。
「ふぅん、そうなんですか」
それからというもの、訪ねる度に、和洋中の稜線ぶっ飛んだオリジナルな料理を、リーズナブルな値段で供してくれる主の言葉に重みを感じ、地方紙の夕刊の“明日を占う”のコーナーに、注目するようになった。
・・・私は獅子座。がお〜っ、の星のもとに生まれて、うだうだしているうちに、あっという間にオバはんになったんだぞ、エライんだぞっ。
と、いうわけで(?)、私は、件の地方紙の夕刊の星占いに注目し始めたのであった。

毎夕、“明日を占う”を見るようになり、暫くした頃の事だった。
『最良の喜びの1日。これまでの努力が報われる』
二男の星座の星の言葉であった。ああ。おお。“明日”は、二男の推薦入学の合格発表日なのだ。
私は、寝室に入ってから、ひとり、へらへら、勝ったも同然フェイスになっていた。
あのレストランの主人が、間違いなし、って評してた占いだもん。ああ、良かった。ほほ。皆さん、ゴメンなさいね。一足先に、受験という受難に、うちは明日でおさらばだわ。うふ。
そして、いよいよ、翌日。固定電話が鳴った。うふふモード続行中の私が、受話器を取った。

「お母さん。残念ですけど・・・」
目覚めてから4時間と経ずに、進学担当の男性教諭から、連絡をいただいたのであった。

たぁ。んだば、学力試験でいきやしょうぜい。
今よか、かなり若かった私は、少なくとも、子供のためには切り替えも素早く、受験生の母仕様で、今暫くいくこととしたのだ。

そして、学力試験の結果発表の前日の“明日を占う” 二男の星座の欄には・・・。
『何事も忍耐がものをいう。望み捨てるべからず』
えっ?。えっ?。えっ?。
これって、ヤバくないですか。つまり、また、駄目って事、なのですか。
・・・待てよ。前回、占いの文言とは逆の結果だったということは、寧ろ、明日は朗報が待っているという展開か。
今夜は、眠れまい。・・・と、覚悟を決めた私だった。のだが、缶酎ハイ一本で、パタリと、眠りの王国に倒れこんだのだった。
・・・そして、・・・果たして、二男は、今度は、合格していた。

長男が帰省した時であった。件の夕刊の、件のコーナーの、長男の星座のところを読んだ私は、仰けぞった。
“朝一番に会う相手に気を許すな。腹に一物あり”
え・・・。
たまの帰省で、のんびりベッドに身を預けている長男が、いやがうえにも、日の始まりに、最初に会う相手とは、
「ほれ、いい加減に、起ぎだらいがべさ、はぁ、9時半だや」
と言いつつ、ドアを開けるであろう、この私以外、あり得ないのだった。どうしよう。

先日はまた、私の星座において、
“後味の悪い1日。早々の切り替え大切”
と、記されていた。何だろう。何があるんだろう。後味悪い、って、どんな事だろ。見当がつかない。
・・・その日の夕刻まで、思い当たる事態を迎えることなく、過ごせていた。未だ、後味の悪い出来事には遭遇していないぞ。
ああ。今宵この後、何があるっていうんだろ。

夜ご飯の時間となった。
無添加出汁を使った煮物で、大丈夫、味覚の面でも、後味、大丈夫。

「これ、カロリーかなり抑えた新発売なんだけど、飲んでみる?」
プシュッ。缶酎ハイを、家人とともに、お互いのグラスに注いだ。
ひとくち、ゴクリ、飲んでみた。
「あ・・・」
カロリーを滅するために用いられたであろう人工甘味料の風味が、舌の上に、苦さとして、しつこく残った。
「あ・・・」
後味、最悪だ。

アスパルテームやアセスルファムカリウムなどの表記のない酎ハイに切り替えるために、急いでキッチンの冷蔵庫へ向った私だった。
[PR]
# by chaiyachaiya | 2016-07-10 00:39 | ねこの寝言 | Trackback | Comments(0)

ランチタイムに苦しげに見えた人と引き寄せさんの弊害

注文をすませ、ひとり、壁を背にして座っていた。混んでいる。平日のランチタイムなのだが、いや、だからなのか、そもそも日本の地方都市だからか、中高年、というより、高齢者の占める率が高く、もはや自分も、そのうちの一人なのだな、とプチ慄然状態になっている時、その男が、暖簾を潜って入って来た。
店内の席状況を一瞥した後、隣になるであろうオバさんの私に視線をくれながら、こちらに進んでくる。
この国の中肉中背の中年男子。ということは、私より若く、私よか、幾分背は低いだろう。
ジーンズに青っぽいTシャツ。彩度の高い暖色のスニーカーを履いているようだ。
一言も発していない段階から、男の存在の醸し出すものは、賑々しかった。
まるで、約束の時間に遅れた人物が、
「やぁ、遅れたのは事実です。でもその理由を言うことは、僕の抱えてる仕事の難易度の高さ、多忙さ、それにまた拍車を掛けてくる人脈、顔の広さを、いやがうえにも話しちゃう事になるからね」
と、表情筋の働きの限りを尽くし表しているような顔つきに見えた。
日本人には、滅多にいないタイプ。
「あー、これはこないだ食べましたねぇ」「あ、これは、まだですねぇ」
店の若い女性との、室内全体に響く遣り取りの後、
「あー、私の言い方、分かりやすいですねぇ」
と、自分のオチで締めていた。店の女性たちは、サラリとにこやかに接している。
注文を取った女性が去り、ひとりになった途端、今度は、携帯を打ち始めた。「私は今、携帯を打っています」というステージアクトのような、何か大ごとのカミングアウトのような、振りは大きく、合間に、「ほぅ」や「はぁ」という声も入って来る。
・・・前世でずっとイタリアのオヤジを繰り返した後遺症が抜けず、今生にて地味な日本人男子の振る舞いが出来ないというコントを見せられている気がした。。
・・・もしかしたら、地方局のレポーターをしている人で、知らないのは、私だけなんだろうか?
TVと言えば、概ね、Eテレか、QVCか、ショップチャンネルしか見ない自分を、私は心のなか、急に恥じた。
しかし、これまで街なかで偶然見たローカルタレントは、「テレビで見せてるのは仕事中の私。平素は愛想笑なんかしませんよ」という、決意に満ちた無愛想振りでむっつりしている人が多いから・・・また違うのかなぁ。
この人、食事がテーブルに運ばれて来たら、胸の前で両手を合わせて、「いただきます」 て、感謝に満ちた態度で、密やかでもない音量で、言うんだろうなぁ。
・・・はたして、やっぱり、その通りの展開となってしまった。うわぁ。

本当に失礼なのだが、私には、彼が、とても、苦しげに、感じられた。

・・・私は、三つ子の時代から、楽しげに大袈裟に振る舞う癖がついている。
相手が言って欲しいであろう賛辞を連ねる事が、自分の命を危険から守る唯一の方法だと解して、半世紀以上生きてるところがある。阿保だなぁ。嫌だなぁ。

・・・一滴も酒を飲んでいなくても、「うっそ〜、こんなにハイテンションで、結構呑んでたでしょ」(級友談)

・・・「あなたはニコニコして表情ひとつ変わらなかったから、すべて理解して受け入れてくれてると思ってた」(家人談)

のよーなコトが多い。

ちょっと前も、私は、私の心に、大嘘をつく時間を過ごした。

親しい、とまでは言えない、一度だけ遭う縁のあった30代半ばであろう女性と、近くまで訪ねてくるから、数年振りでお会いしますか、車で家人と私が駅まで迎えに行くから、ということになった。
引き寄せ系(?)の前向きな方だと記憶していた。
サプライズのつもりだろうか、彼女は男性を連れてきていた。その男性は、最初に視線が合った瞬間から、絶え間なく、御仏の慈悲モードで、私の目を見て微笑んでいる。
なにか・・・、あれ・・・、と思った。
ランチの場所に着くと、男性は、開放的なテーブルと椅子席ではなく、一番奥の長い堀炬燵の方へと向かった。
なにか・・・、あれ・・・、と思った。
開口一番、彼女は、ニッコリ。
「何でも聞いたほうがいいよ。彼、見える人だから」
こ、これか、もう帰りたい、と、強く思った。
御仏の慈悲モード男性の目は、キラリン。
「あ・・・見えるって、何が・・・」
などと、私は問うてしまった。
「オーラの色とかね、いろんな事だよ」
と、彼女。
「あのね、私、オーラの色とか、そんな事は」
言いかけた後、
「え〜っ、って、私のオーラの色って、何色ぉ〜?」
と、急に、別のしとに、私は、なった。
彼が、霊能力者であろうがなかろうが、透視能力者であろうが、投資能力者であろうが(あ、投資能力者だば欲しい)、オーラの色が見えようが見えまいが、前世が見えちゃったり見えなかったりでも、今の私には、どうだっていい。むしろ、そんなハナシ、聞きたくねえしよお。他を当たってくんろ。
このように、私は、叫びたかったのだが・・・。
彼は、嘗ての「オーラの泉」における江原氏のような抑揚のつけ方で、江原氏のように語り続けた。隣の彼女は、とても満足気。
「わ〜っ、凄いスゴい、この人ホンモノだぁ、見えるのね〜」
ええいっ、飼ってしまったネコ、乗ってしまった舟だ、とことん行くぜいっ、と、私はテンション高く叫んだりした。
目の前の恋人たちは、益々幸せそうになっていく・・・。

わらひは、また、やってひまいまひた。
[PR]
# by chaiyachaiya | 2016-07-08 13:32 | ねこの寝言 | Trackback | Comments(0)

そりてあ。

みなしゃん

今日も愛想良く お日柄も良く 孤独

皆しゃん

今日も人柄良く 紅殻頬にいただいたように

かりそめにに高揚して 孤独

ミナシャン

にっこり微笑みで刺し違えて

今宵も 多分 概ね ほぼほぼ

そりてあ
[PR]
# by chaiyachaiya | 2016-06-30 17:31 | ねこの寝言 | Trackback | Comments(0)


猫と日常と非日常
カテゴリ
Twitter
以前の記事
フォロー中のブログ
最新のコメント
Mitsuki様 コメ..
by chaiyachaiya at 10:09
メールなどでかかりつけの..
by sweetmitsuki at 18:46
こんにちは。 スペース..
by つねさん at 07:18
サンチ氏にはかなわぬかも..
by chaiyachaiya at 12:45
きゃわゆいの~。
by saheizi-inokori at 10:52
あまり高速回転を極めると..
by chaiyachaiya at 11:05
俺は今頃初めて踊ってる。..
by saheizi-inokori at 21:19
俺は今頃初めて踊ってる。..
by saheizi-inokori at 21:18
猫トイレも猫の数より多く..
by chaiyachaiya at 08:13
以前に訳あって、ハウスホ..
by sweetmitsuki at 06:03
最新のトラックバック
検索
その他のジャンル
最新の記事
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧