ふみちゃこ部屋



<   2017年 07月 ( 9 )   > この月の画像一覧


ボロボロのジュッちゃんと私。

飼い猫の爪研ぎぱっつんで ボロボロになったソファーに座り

「ラストエンペラー」終盤 の

坂本龍一が演じる甘粕正彦は 銃で自死し

愛新覚羅溥儀の妻は アヘンでボロボロになって 戻り

溥儀は ロシア軍の兵士に 遂に捕らえられ

の あたりから 観ていた

公開時に 田舎の古い映画館へ 三回観に行き

その度 新鮮に 化粧がボロボロになるまで ヒクヒク泣いていた私

老いた溥儀から守衛の子どもに手渡された 小さな容れ物が

黄昏の紫禁城のなか 鈍く光り

容れ物からキリギリスが出てくるところで 涙 ボロ

その子が振り向くと 玉座には 誰も居ない で ボロボロっ

坂本龍一作曲の メインテーマ曲 で ボロボロボロボロ

今日も同じパターンで 涙ボロボロ街道を行くのかと

期待は裏切れまいと( 誰の 誰に対する?) 安心して さあ

泣くぞ 来たぞ と

最初の涙ボロ の 瞬間

安らいでいた飼い猫ジュヒが 出窓から 私の隣に 飛び降りた

じっと 私の顔を 目を見上げてくる

「違うんだよ、ジュッちゃん、今日は、悲しくて泣いてるんじゃないんだよ、あのね、なんかこうね、カンドーして、涙出ることもあるんだよ、心配要らないんだよ、今日のは、この映画ね、お母さん若い頃観てね、その時も・・・・」

飼い猫に向かい 真摯に説明責任を果たしていく(?) 飼主である私だった

ジュヒの両の後脚は 彼女が舐め壊して ボロボロ

その白い毛の並みは 茶色い束になり うっすらと 血のにおいがしている

不甲斐ない飼い主の涙が 彼女のストレス源 なのだ

ジュヒ ごめんなさい


[PR]
by chaiyachaiya | 2017-07-28 10:15 | ねこの寝言 | Trackback | Comments(0)

タハー貝の夕べ・・・貴方はどう食すか・・・ぶほっ。(書き直ヴァージョン)

夏休みが始まり、通りを抜けていく子ども達の歓声を耳にすると、どうしても、私の胸に甦ってくる、タハー貝の思い出・・・。

子らが小学校低学年の夏休みの宿題の、工作、自由研究、に、手を出し口を出し、あまつさえ企画運営までしていた、母の夏時間。
作文にも絵にも、この母は、トータルで絡んでおりました。

もっとも、担任の先生が、夏休み直前の参観日には、「はい、夏休みの課題、保護者の皆さまの出番ですね」、秋の学年文集作成時には、「聞き取り調査の季節がやって参りました」など、ニカッと微笑んで言っていらしたから、余程さばけた放任主義のお家でなければ、其々保護者の色に染まった作品が提出されること、子どもの自力だけでは、クラス、学年全員分の作文が期日まで揃わないこと、は百も承知なことなのだったのだと思われます。

・・・が、私が介入の限りを尽くした子どもの夏休みの宿題課題・・・ひとつだけ、死角が存在していました。

その名も、「夏休み一行日記」・・・ああ。
これって、二学期の総合評価とかに、関係ねくね、と、私は、甘く見ていたのでございます。
し、しかし、神は見ておられた。

二学期、初秋の風に頰をやさしく嬲られる頃、夏休みの提出物が、担任の先生のハナマル印やコメントと共に戻ってきた時、私の頬は、違う意味で、ブホッと嬲られた思いが致しました。

「じてんしゃにのった。」
「虫とりに行った。」
「がっこうのプールに行った。」
「水でっぽうであそんだ。」

海外旅行はおろか、国内旅行、温泉一泊、もさせてあげられなかったから、概ね上記の四行リピートな、夏休み一行日記のなかの、もう直ぐ夏休み明けあたりに記された担任の先生のコメントに、目がいきました。

「タハー貝て、どんな貝でしょう。先生も食べてみたいな。」

ああ。
夏休みも終盤となり、単調な日々にあぐねた幼い長男は、旅行先の南の島の海岸で、採れたてのちょー珍しい貝を焼いてもらって食べた、というオハナシの切れ端を書いてしまったのでしょうか・・・。なんとも言えぬ気持ちになりました。ちょっと切なさすら感じていました。

・・・あ。
あ。あれ?

この、タ、タハー貝て、あ・・・あ・・・。
ジッと見るうち、この“タハー貝”に見える文字は、でっかく下手クソに書かれた『夕食』に、他なりませんでした。

タハー貝を食べた。
夕食を食べた。

だったのです。

親も子も、まぁ、大笑いまでには至りませんでしたけれど・・・。
夜ご飯は、その日だけじゃなくて、お粗末なのもであれ、毎夜作って、皆で食べてたんだけどなぁ・・・。あわわ。

それ以来、夏が来て、通りを抜けていく子ども達の歓声を耳にすると、思い出すのです。

・・・夏休み家族で南の島にヴァカンスに行ってね、シーサイドのレストランで、ふふ、まぁ、貝の表面は艶やかで上品なグレーベージュ、大振りの貝で、二つの器官は太く長くはみ出ていたりなんだけど、味は濃厚で甘味があって、バターで焼いてもらっても美味しいんだけれど、なにしろ採れたてで新鮮だから、オリーブ油と檸檬だけで、シンプルに、タハー貝を食したこと、ああ、お母さんの記憶に、今年もまた、甦ってきて、懐かしいな。

あれ・・・?

なんだか夏のホラー祭りの気配がしてきた感・・・?!


追伸 : このひとつ前の「ミリ子の嘘つき帳」枠の記事を削除したつもりで(陰惨なコト、技もないのに、半端な形で、お伝えしちゃぁいかん、思うて)、「タハー貝の夕べ〜」を削除してしまったため、記憶をもとに、も一回記しました。
別物になってしまったとです。


[PR]
by chaiyachaiya | 2017-07-25 08:25 | ねこの寝言 | Trackback | Comments(0)

この頃は、夢のなかで眠り、夢のなかで目覚めては、ナイトメア続行でちょっと参っているです。

夢のなかで、ふうっと、気を失う感覚で、すべての感覚が途切れる。

時間にして数秒も経ていないのだろうが、数時間は眠っていた状態から目覚めた感覚で、同じ夢のなかで、夢の続きとして、目を覚ます。

数日前の早朝は、こんな夢を見た。

既に十数年前に、鬼籍の人となった父母と、田舎の村にやって来ていた。親類の誰かの見舞いに来たような、父か母の生まれた村の祭りを懐かしみ訪れていたような、ただなんとなくドライブしてたどり着いたような、もやっとした感じはあるのだが、夢のなかの私は、取り敢えずやり過ごしている。
山間の村のようで、坂が多いのだが、目の前の湖が氷を張っているから、季節は冬のだろう。海岸近くの急勾配の丘に立つ木々の根元は、ところどころ、雪の白で覆われている。

父と母が、氷の張った湖の上に一緒に来るよう、私に言った。
「やだ、ちょっと気温高くなって氷割れたら、沈んじゃう」
と抗議するのだが、気がつくと、父と母と同じように、水面に張られた氷の上に、私は居た。
そして急に強烈な眠気に吸い込まれ、私は気を失った。

どれくらい時間が経ったんだろう。湖の氷は溶け出し、破れる寸前だった。危ない。
父も母も、見当たらない。
悲しい気持ちで、なんとか急いで陸に上がる。

父も母も、私が眠ったのを確認し、放置して、いなくなっちゃったんだ。

そう感じた瞬間、波打ち際の浅い水面に、父と母が、仰向けに横になり、波に揺られているのが見えた。
二人の耳も口も鼻も、波が来るたび、水面の下になっている。
まずい。

私が父と母に気づいた一瞬の後、鮮やかな蛍光色のスポーツウエアを着た中年の男女が、レスキュー体勢で駆け寄り、父と母を、引き上げてくれた。
そのさなか、蛍光ピンクとイエローの配色のウエアの女性は、母を持ち上げながら、
「この人は、冷たくなってる。もうダメだと思う」
と、言うのだった。

それでも、彼女は、ネイビーに蛍光ブルーのウエアの相方の男性とともに、父と母の身体を揺すったり摩ったりしてくれ、それ程時間を要せず、奇跡のように、父も母も、何事もなかったように、甦った。私も、父と母に、いっぱい、触れた。

「帰り、〇〇村のほう、まわって寄ってみるか」
父は、言い、母は、
「まさか自分が預金通帳忘れるなんて思わなかった」
と、海岸に座っている私の前で、不機嫌そうに立ち上がり、大股で去っていくようだ。
と。
目覚めた。

支離滅裂だけれども、私の、無意識の心象映像の部分も認められ、何より、氷や水の質感にやられ、父と母の身体の、死の冷たさからジワジワ変じていく肉の温みにやられ、汗びっしょりで目覚めてしまった。

夜は充分白んでいたが、午前四時前・・・。

再び眠ったら、またナイトメアが待ってるかもしれない・・・。

私は寝室を出て、キッチンへ直行し、前の晩残したスパークリングワインを取り出し、シャンパングラス(フレディ マーキュリーがステージでピアノの上に置いていて、オーディエンスに振りまかしたタイプじゃなくて、細長く、ぎょうさんいただける方)に、ていやっ、と注いで、ゴクゴク飲んだ。

落語の師匠とは違う意味で、“今日も四時から飲み” をしてしまったのだった。

最近、眠りのなかで、眠ってしまう。それ自体は、むしろ、気持ちがいい。夢の入れ子構造の奥底で、おやすみを続けたい。

夢という、無意識が絡む領域ですら、寝落ちして、逃げる算段な私なんだろうか。

情けないなぁ。


[PR]
by chaiyachaiya | 2017-07-21 17:01 | Trackback | Comments(0)

イホイホ合唱隊とタハー貝の夕べ。

昭和の時代、義務教育におけるガッコーの先生らのなかには、独善的な情熱に駆られ、感情の流れるまま、自由に盛り上がり、怒り叫びまくってひとが多かったと思う。
自分が叱られてるのじゃなくとも、「うわぁ、こんな風に皆んなの前で言われたら、もー、これ、一生もんでしょう、はぁ・・・」と、胸が痛くなることも幾度かあった。
・・・て、流れ矢でもないのに、勝手に魂の中核を突かれた気持ちになり、半世紀経っても、そのシーンを今だにフラッシュバックして苦しくなるのは、私が魂を病んでいるからである。こっ酷く罵倒されてた隣の席の子は、逞しく成長して、元気に生きてるかもしれないのに。
あ。て、いうことで、早くも結論が出たのでおやすみなさい。

や。なんで怖い先生の話になったん。
私はただ、小学生の時分、半ば強制的に所属させられていた、イホイホ合唱隊について記し、ほっこりとした笑いを取りたいだけなのに・・・。

ああ。
その合唱隊の担当の先生。
子供の頃満州からから引き揚げてきたという、白眼際立つ眼光鋭い、目力マックスな女性だった。自分らの世代が耐え忍び、くぐり抜けてきた、命ぎりぎりのところの苦労と比ぶれば、戦争を知らない、ニッスイのインスタントラーメンやソーセージをぬくぬくオヤツに食べて、無条件で命の保証がなされ、好き勝手なことをしている子どもらには、愛という名の叱咤の鞭をふるわねば、となるは、道理であったとも思うのだが・・・。


ある放課後、久方ぶりに練習にやって来た生徒に、女性音楽教師は言い放った。
「ずっと練習来ないで、発表近くなった今になって来たところで、お前の場所はない。帰れ。」
取り敢えず今日のところは帰って反省して出直しなさい的な含みを持たない、いきなりの最後通牒であった。

自分が拒まれたわけでもないのに、その時の、一学年上級の男子の、一瞬で固まった表情、皆の視線のなか、魂の死地へ赴くような暗い目になり退場していく様子などが、胸の奥に焼きつき、お焦げになって、にがい風味が、喉の奥に甦る。
それは私が、ひと1.5倍ぐらい、いや、もっとだ、ひと100倍ぐらい、人から拒まれることを拒みたいにんげんだからだろう。
それは私が、病気だからである。
私が病気という結論が出たので、それでは、おや・・・

おやす・・・おや。や。や。

わたすは、ほっこりほのぼのな、イホイホ合唱隊について記し、クスっと、笑っていただこうとしているだけなのに、何故だ、たどり着かぬ。

・・・満州帰りのR先生は、(満州帰り、と書いたら、中山ラビ「上海帰りのリル」を思い出したので、先生のこと、リル、の頭文字で、R指定、いや、R先生、と致しました)まっこと、キビキビびしびし、合唱隊の子らを指導してくださっていた。
R先生は、来たる合唱大会に向けて、自由選択曲の方は、仕上げるのがかなり難儀な曲をチョイスするのが常だった。やり遂げた時の達成感の素晴らしさ、快感を、知っている方だったんだろう。
音楽の父や母の肖像画の下、音楽室の黒板に描いた難しい曲の楽譜の、彼女が強調したい部分には、記号や文字が、力強く書き加えられていく。
黒板を前にしたR先生の勢いと筆圧に、志半ば折れ飛んでいった白墨たちも枚挙にいとまがなかったことは、言うまでもありますまい。(ここ、盛りました)

アルトもソプラノもメゾソプラノのひとびとも、合唱隊のメンバーたちは皆、(ちなみに私の担当はアルトだったのですが、普段の会話のトーンの高さとは違うものなんだと、と子ども心に感心していました)R先生が書きなぐりになられる記号や文字の示すことごとを表現していこう、追いついていこうと必死だった。

「緑の牧場」
というタイトルだった気がする。
出だしが、
げ〜んきなこーえーひっびーくよーみーどりのまーきぃーばぁー
“元気な声響くよ、緑の牧場”

皆で数回出だしを歌ったところで、R先生は、例によって、パシパシ、“緑の牧場”の後に、文字を書き加えた。
カタカナで、イホ、とあった。

選ばれし我々合唱隊は皆、訝しく感じながら、R先生を信じてついていくしか選択肢はなかった。死なば諸共、多分そんな所存だった。

げ〜んきなこーえーひっびーくよーみぃどりのまーきーばー イホッ

あるアルトは震えながら、別のアルトは叫ぶように、後列のソプラノはうわごとの如く、横のメゾソプラノは何故だか瞳を輝かせ、・・・
ああ。私たちは、めいめいが、「イホッ」て、合いの手のような発声をしたんだ。イホを信じ、イホの側に魂を添わせたんだ。

次の瞬間。
R先生が、笑いながら、頽れてしまった。

「ちょっと、みんな、これ、漢字で、“休” て書いたのよ」

アルトもソプラノもメゾソプラノも、皆ひとつになって、大笑いした。

・・・でも、よく落ち着いてもう一度黒板を見たが、休、ではなく、やっぱり、あくまでもカタカナのイホに見えた。

・・・この件以来、私のなかで、R先生率いる合唱隊は、イホイホ合唱隊、という呼称で言い表されることとなり、人生において、似たような状況に陥ってしまうことを、イホイホ合唱隊現象が起きていると、述べて、やり過ごすことになった。
「ふっ、これは間違いなくイホイホ合唱隊化現象が、もの凄い速度ですすんでいますね」と、したり顔をするのである。

え。似たような状況。どんなだ。はてな。

いや。
イホイホ合唱隊現象は、個々の人生のみならず、あらゆる世界情勢、政治経済の領域を、人知れず深く、根底から揺るがしているのかもしれない。
書いている私ですら、具体的にどういった状況を指すのか、全く意味がわからないくらい、浸透してしまったということなのか。イホイホ合唱隊現象は。旋律、いや、戦慄を覚えてしまう。

・・・あ。タイトル後半部の「タハー貝の夕べ」
は、次回、と致します。
イホイホを笑っているうちに、タハーに復讐されるような、そんなお話になってしまうのじゃないでしょうか・・・。

今日も何言ってんだかな、ワケワカな記事であることよのぅ。


[PR]
by chaiyachaiya | 2017-07-20 11:49 | ねこの寝言 | Trackback | Comments(0)

おそうじベーシック3もiPadも。

明日 ダスキンの交換日なのに、今回まだ一度も使っていない未開封のモップが、見つかっていない。
モップについた埃を吸い取るマシーンもセットで、画期的だ、といたく感動した日が、遠い昔のように感じられる。

iPadは、今さっき見つかったので、こうして開けている。
灯台下暗しで、居間のテーブルの上、私の席のすぐ右に、それは、あった。
正確には、大分特産フンドーキンの柚子胡椒、自分で単品ナッツを混ぜ混ぜして詰めたヴァラエティナッツ瓶、DHCのココナッツサプリの袋、桐野夏生さんの「デンジャラス」、多和田葉子さんの「百年の散歩」、國分功一郎さんの「中動態の世界」、宮下規久朗さんの「闇の美術史」、内田樹さんの「街場の文体論」の文庫版、はぁはぁ、(段々、こんな本読んでるんだべさ調)などの下に、私の、地味なうすらぼけ桃色風呂の蓋付きiPadは、埋まっていた。

以前、優しい友人から、
「散らかってるっていっても、ほら、○○さんとこの散らかり方は、なんかアタマいいヒトの、インテリっぽいソレだから、大丈夫」

アタマいい。インテリ。インテリっぽい。そっかー。そうなんだね。
大丈夫なんだ。なんか大丈夫なんだ。あははは。
擬きでも、っぽい、でもいい。い。インテリかぁ。
なんか、これはきっと、大丈夫なんだ。あははは。

・・・おお。友よ。

それ以来、わだすは、本すら、片づけられなくなったぞよ。

・・・そして、ダスキンモップ、もし見つかったとしても、それを滑らせる床が、見えていないのであった。


[PR]
by chaiyachaiya | 2017-07-17 12:55 | ねこの寝言 | Trackback | Comments(0)

おかーさんの言葉は。

おかーさんの言葉はダイヤモンド

キラキラ万華鏡 無限大に光り輝いて

私を護ってくれたの

てぇ

私のおかーさんの言葉は

カットが稚拙だったので

尖ったまま

コドモの魂の殺傷に特化したのね

わお

ダイヤモンドというよりダイナマイト

木っ端微塵よ

私 だけじゃなく 周りの皆さまも おかーさん自体も

ドッカーン だったの

朝も早よから

向き合う のだ

この愛おしき 取り返しのつかぬ誤謬に



[PR]
by chaiyachaiya | 2017-07-15 06:13 | ねこの寝言 | Trackback | Comments(0)

夢のなかで眠り目覚める夢。悪夢白書。

ものごころついた時分から、しょーがっこーの四年ぐらい迄、夜寝る前に、お祈りしていた。
「どーか怖い夢を見ませんように」

夢は無意識層の発露。
ある意味解放区の側面もあると思うのだけれど。

よくぞまぁ、毎度毎度、まいどまいど、ヴァラエティにとんだキモすぎるえいぞーを、見せてくらはりますなぁ。

もはや、更年期鬱を抜けて、老年期鬱の領域なのやもしれぬ。

でもさ。

すぐ死ぬ死ぬ言うているわりにね。

大量のサプリメント摂取してる。

わし。

生きる気満々て事なの・・・

はぁ。

お。

ネコが、じっとわしを見てるよ。

香箱座りして、真っ直ぐに、私を、私だけを、見てる。



[PR]
by chaiyachaiya | 2017-07-15 04:57 | ねこの寝言 | Trackback | Comments(0)

めんどくさいわたしついてのおぼえがき。

わたしがわたしだとおもっていたわたしはどこへいったんだろう

どんなりくちのどのこうじにせんぷくしてるんだ

ちいさいぐらすでしろわいんのんでるのかてらすで

こえかけたらふりむくのかわたしは

ネコたちだけをともにどこへきえたんだ

あくむをみたくないからとよじおきして

きのぬけたすぱーくりんぐわいんをのんでるのは

ああやっぱりわたしだ

きがぬけてるから

あわつぶのゆめもみれぬ



[PR]
by chaiyachaiya | 2017-07-15 04:37 | ねこの寝言 | Trackback | Comments(0)

人間て、なぁ。松居一代さんのブログを見た。

数日前まで、松居一代さんが、統合失調症かも知れない、という話題が、ネットの上でも溢れた。身近な知人(?)に、同病を患う方がいることもあり、彼女のブログなど、注目していたのだった。

マツイ棒を購入することはなかったけれど、彼女のお掃除指南本は、家にある。
彼女の、困難に屈せず、上を向いて生き抜くヴァイタリティーに、圧倒されたものだった。

巻末に、気になることが記されていた。

「再婚相手は、初婚で、名前に、一、の文字がある人、が条件」
「彼はそれに当てはまったから、猛アタック」
のような事が記されていた。

私、自分の子供が、そういう条件で狙いを定められ、公表されたら、辛い気がする。
お話し面白くするために、記したのかも知れないが・・・。

昨今は、本屋さんに行けば、お家をお掃除してピカピカにしていたら、悪い気は寄ってこないし、もはや佳きコトしか起こらない、という類いの御本が、何種類も平積みになっていた。
片付けられない私は、本屋さんの、整理整頓断捨離お掃除、のようなコーナーへ行くと、呼吸が浅く、頻回になるのが常だった。
片付けられない私ですが生きていてもいいですかモードで、すごすご生きている。

・・・じゃけん、お家が綺麗でも、仰山資産があろうとも、心身の安らぎはまた、別のところにあったりするらしい。で、いいのだね、この際。

彼女は、分かり易いキャラ固め・・・ビジネスのために、自ら恐妻振りを語っていた部分もあるのかな。対する側の人間が、それを逆手に取って攻撃してきているとしたら、皮肉で、悲しい。

さて、夕御飯の食器を洗おう。


[PR]
by chaiyachaiya | 2017-07-06 20:52 | ねこの寝言 | Trackback | Comments(0)


猫と日常と非日常
カテゴリ
全体
難儀なこと

鯉のぼり
座敷童子さん
骨、或いは私の愛の物語
本棚
裁判傍聴

ねこの寝言
ツタンカーメンのこと
あの宿に泊まってから
ふみちゃこカウンセリング小屋
穢い星の物語り
ミリ子の嘘つき帳
妖魚の家
淡町銀座の口塞ぎの家
未分類
Twitter
以前の記事
フォロー中のブログ
最新のコメント
Mitsuki様 コメ..
by chaiyachaiya at 10:09
メールなどでかかりつけの..
by sweetmitsuki at 18:46
こんにちは。 スペース..
by つねさん at 07:18
サンチ氏にはかなわぬかも..
by chaiyachaiya at 12:45
きゃわゆいの~。
by saheizi-inokori at 10:52
あまり高速回転を極めると..
by chaiyachaiya at 11:05
俺は今頃初めて踊ってる。..
by saheizi-inokori at 21:19
俺は今頃初めて踊ってる。..
by saheizi-inokori at 21:18
猫トイレも猫の数より多く..
by chaiyachaiya at 08:13
以前に訳あって、ハウスホ..
by sweetmitsuki at 06:03
最新のトラックバック
検索
その他のジャンル
最新の記事
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧