ふみちゃこ部屋



<   2014年 11月 ( 4 )   > この月の画像一覧


大人達を信じていたの記。

「あの先生、依怙贔屓して嫌だ」
と言う同級生がいても、大人を信じていた小学生の私は、大人たる先生には、何かきっと、わけがあるはず、佳き御考えがあってのことで、子供達の資質やこれからを、かなり深い教育的見地から思い、敢えてなさっているのだ、と信じていました。

ですから、中性洗剤の排水が川や海の環境をおかしくしている、や、いわゆる、公害、という言葉が出て来たとき、大人達を信じていた私は、衝撃を受けたものです。
それまでは、いずれ、巡り巡って、地球環境や、人体に悪い影響を及ぼすであろう商品を売ったり、垂れ流したりなど、人類の大人はするはずがない、なんて、本気で考えていたんですから。

「石油は、後30年で地球上から枯渇する、だから新しいエネルギーが必要」
小学校の担任の先生が、真顔で仰っていました。
色々な意味で、とっても、怖かった瞬間でした。

とまれ、私は、佳い分別を持った、賢く、嫋やかな大人になりたかった。
いや、むしろ自分だったら、なれるのではないか、などと、何の根拠のなく、呑気に感じていたのですが。

・・・今日、とあるショッピングモールで、偶然、小中高と同じ学校だった男性を見かけ、思わず声をあげてしまいました。
最初は、その同級生の方も、にっこり、
「今、何処に住んでるの?」
などと、此方に訊いてきたり、だったのですが、わ、私は、擦れ違いざまに、一気に、例えば、聞くことではなく、喋る方に聖徳太子的な能力開発を自らに試み、なし得なかったひとのような症状をきたし始めました。
主語吹っ飛びくるくるマシンガントークを展開し、悲しい問わず語りな気狂いのオバさんになっていたのです。ああ。
ぺんらぺんら、何か伝えようとして話していたのですが、でものそ何かが、自分でも、なんなのか、わかりませんでした。
同郷の馴染みのひとに逢い、嬉しかったのです。けれど、余程動顛したのでしょうが、恥ずかし過ぎました。

「◯◯子、昔からどっかおかしかったけど、更年期か、いよいよ本格的に、いってしまったか」
明らかに、彼の笑顔には、こんな困惑の色が混じっていました。

わっはっは。
結構な歳月を生きて、大人、というよか、初老、という言葉がつきづきしい齢になったというのに、私は私で、子供の頃には、予想だにせぬ程、阿呆になってしまったわ。
幼い頃よか、ヒリヒリと・・・。

大人になる、って、どんなタイプの阿呆になるか、方向がしっかり定まり、つい邁進してしまうこと、のような気がしてまいりました。

あ。いえ。

私だけのケースですよね。(お、大汗)
[PR]
by chaiyachaiya | 2014-11-30 21:43 | ねこの寝言 | Trackback | Comments(2)

思い出す度にグラっと来るグリのこと。

いちおうは、ひとの子の親と、猫の子の親擬きをしている私ですが、親というものは、我が子に良かれと思い、いろいろ企画し、実行に移しては、余計に、子どもの状況を拗らせてしまったりするきらいがあるようで・・・。
河合隼雄がいうところの、「サナギ割り」の、マスターストロークを、私自身も、子らにしちゃった自覚はありますが、ここでは、私がサナギだった頃のお話を致します。

「何故、この子は、成長するにつれ、これ程までに、無気力になったのか、こんなにもやる気がなくてグッタリしているのか、ちっちゃい頃は、こうじゃなかったというのに。小学校低学年も終えないうちに、常時夜明けのガス灯の如く、始終ぼうっとしているのか」
私の父母は、ふたりで、何か対策をこうじなければ、この子の未来はあやうい、そう話し合っていたのでしょう。
その結果、“わんこ”でも飼って、朝夕散歩させて、この子の心身ともに厚生させよう、という答えに辿り着いたのだと思われます。

知り合いの歯科医院の方が飼う雌犬が産んだ仔犬を、或る日、父は連れ帰りました。
私が、小学3年生の春の頃だったでしょうか・・・。
もの凄い早さで、父の手製の、スヌーピーのお家の形ケンネルが完成し、小さな雄の仔犬の名前は、「グリ」と、決まりました。フランス語で、グレイ、灰色、の意味です。

グリは、本当に、いい奴でした。
“わんこ”らしい“わんこ” 。 唯ひたすら、はあはあ懐いてくれました。

けれど、多分、同級生たちより早期に、思春期不安定もしかして鬱状態に陥っていた私に、どんどん成長して、朝夕の散歩必須な、灰色の人懐こ過ぎる生き物は、負担でしかありませんでした。

やがてグリは、「必ずちゃんとお世話しますから」と言うひとに、貰われていきました。
・・・ああ。
その方は、必ずしも、良い世話をしてくれなかったようです。
「父さんを見掛けると、悲しそうに鳴いて、近づくと離さない。何時見ても毛波もぼさぼさ。餌の皿も空っぽ」
辛そうに、父が言います。

さらに或る日のこと・・・。
当時は、保健所による野良犬狩り、があったと思うのですが・・・。
(実際、金網の向こうに、野良犬を詰め込んだ車が、目の前を通って行くのを、昭和の子どもだった私は、目撃しています。)

「◯◯子んとこで飼ってた黒っぽい犬、保健所の車に、乗せられて連れて行かれたの見た」
同級生の男子が、言うのでした。

「必ずちゃんとお世話しますから」の男性の自宅の裏庭まで、私は、のめくるように走りました。

繋がれっぱなしだったグリの姿は、既にそこにはありませんでした。

野良犬として、グリが保健所領内で、生涯を終えたという証拠は、ないのですが・・・。
けれど、どちらにしろ、どのみち、グリは、可哀想な生涯を送ったように思います。

・・・私は、その頃、“わんこ”どころではなかったんです。
いきなり、手間暇の掛かる、屈託の無い“命”を与えられても・・・。
それに、飼いたい、と思ったことも、言ったこともないのですし・・・。

でも、私が、きちんと世話をしていたなら、グリは、恙無く命を全う出来ていたのです。

ごめんなさい。グリ。
[PR]
by chaiyachaiya | 2014-11-21 22:15 | ねこの寝言 | Trackback | Comments(6)

赤鬼青鬼緑鬼と綾波レイさん擬き達についての事。

前回、自分の頬のシミの最終形態が、バルタン星人の頭部のシルエットをとった、などと記したためか、その夜、ケッタイな夢を見てしまいました。

・・・最初そこは、円谷プロのスタジオというより、むしろ公共放送局の内部かとも思ったのですが・・・。
なんだか、開演前の、中学校の文化祭のステージのにおい(跳び箱やマット、それから、お菓子の包み紙が風化したような・・・)がする、幾重にも張られた緞帳の内側の暗がりに、私は、ぽつねんと、立っていました。
黒い天鵞絨には、多くのラインストーンが煌めいて、宇宙をあらわしている様子で、やっぱり何処か、円谷プロのにおいもするぞ、と感じます。
ちょっと外の明るい空気が吸いたくなり、会場の放送機材の配線に、足を取られないように、歩き始めると、実は此処は、大学か企業の女子寮のホールらしく、ルームウェアの女の子達が、ぞろぞろ歩いているのでした。
そこに、綾波レイさんのコスチュームを来た女の子達が、先ず現れました。
初研修を終えたような疲れた様子が、少しだけ見てとれます。
呆気にとられているところに、今度は、実際のきつい訓練か、何かとんでもない禍々しい怪物と闘い、辛うじて帰還したと思われる、同じく綾波レイ装束の女性達が、身も心も、かなり傷つき憔悴しきった姿で、一列に並んで、窓際の椅子に腰掛けました。このグッタリした彼女たちの見た目は、現実の少女とアニメーションのあわいにありました。それでも、充分に、痛々しさが伝わってきます。
「あっ‼︎」
ホールの窓の直ぐ向こうに、怪獣、でっかい怪獣が、迫っていました。
もう一方の窓にも、別の怪獣が、既に、破壊活動する気満々な顔つきで、此方を向いています。
更に、新たな空飛ぶ怪獣の翼の影が、ホールを覆ったりするのでした。
「あ、あきまへん、こら、あきまへんわ」
独り言ちりながら、一旦建物の外へ、何とか出ると、またしても、だが、今度は、たった一人の、例の綾波レイさんスーツに身を固めた少女が、此方に向かって来たました。実写にする際、決定的なキャスティングミスしちゃったんですか、と質したくなる程、顔も身体も肉厚で、大雑把な印象でした。そして、ニッコリと笑ってるし、強気と陽気が過ぎる様子なんです。
それでも、その実力は、想像を遥かに越え、彼女が、ふっと怪獣の方を見遣ると、巨大怪獣達は、概ね成人男子の1、5倍のスケールの、それぞれ、民話に出てくるような赤鬼と青鬼と緑鬼に変じてしまいました。
赤、青、緑、の3体の鬼達は、芝居がかった威嚇をしながら、ホールの中に押し入って行きます。
それなりに大きいし、やっぱりリアル鬼は怖かったけれど、私は、鬼らを追い、建物に戻りました。何とかなるのではないか、とも思えたんです。
不思議なことに、鬼らは、室内で、更にサイズダウンしています。
「この、スカタンっ」
最初に、こんな言葉を鬼らに浴びせたのは、地球防衛軍のOBの男性でした。
「ひえっ」
原色の3体は、もろにダメージをくらったようです。身を捩り、ちょっと苦しそうな表情でした。
「はよ、ひっこまんかい、アホだらが」
この鬼達は、罵倒に弱いらしく、居合わせた人びとからの、投げかけられる強い言葉は、“魔鬼雨”となって、彼らを溶かしていくのでした。
それでも、70年代のアメリカ映画“魔鬼雨”の終盤のようなグロさはなく、彼らは、ややあって、赤と青と緑の色水になり、さらさらとホールの床を滑っていなくなりました。

これは、綾波レイさんのような彼女のおかげだと思い、取り敢えずお礼を言わなきゃ、と、振り向いた瞬間、私の頸に、チクリ刺さるものがありました。
毒針のようです。
さよなら、みなさん。
これって、実は、一体、どういうハナシだったのでしょうか?

と、目が覚めた時、飼い猫のルーが、私の頸に向けて、両前脚を伸ばし、爪先をクイと覗かせ、まったりしていたのでした。
[PR]
by chaiyachaiya | 2014-11-16 00:13 | ねこの寝言 | Trackback | Comments(4)

蛍光若草色と溶けた綿あめピンクの話。

ずっと以前、私が、辛うじて二足歩行を可能とした、まだ小さな生きものだった頃、実家では何故か、消耗品的日用雑貨や、生鮮以外の食料品を、卸し値段で手に入れていたようだった。
あ、・・・それらを、ほそぼそと、売ってもいたように思う。
カバヤのプレッツェルを買いに来た少年に、父さんが、
「手のひら真っ黒くてらなあ、ちゃんと手洗ってからけえよ(食えよ)」
などと、言っていたのを、思い出してしまった。

ニッスイラーメン、ソーセージ、お爺さんとお婆さんの姿が描かれた翁標(?)素麺、ライポンF、必ずしも亀の子ではなかった気がするタワシ、あ、・・・当たりが出ればもう一本、の、銀紙に包まれたホームランアイスすら、売っていたんだ。

・・・そうだ。
私が、当たりが出る迄、売り物のホームランアイスを食べ続けるから、アイスの販売は終了となったのだ。
商品の翁標素麺を、ポキポキ折るのが楽しくて、止められないから、遂に父さんに、家の裏の真っ暗な倉庫に、放り入れられ、外から施錠されたんだった。
ああ。思い出しちゃった。
泣きながら、倉庫の大きな闇に放逐された私だったけれど、決して自分から「出して」と、言わなかったことを、後から、母さんに、妙に評価されたのも思い出した。
しかも私は、その夕刻、倉庫の床に、放尿すらしている。なんだ、ぷち悪童の側面もあったんじゃないか。

・・・ところで、幾つもの卸し値段グッツ(?)のなかで、私が最もときめいたのは、“バスクリン”という名前の、缶に入った、オレンジ色の粉だった。粉というには、ちょっと粒立ってる印象を持つそれを、お湯を張った浴槽にバサっと一振りすれば、缶のイラストのジャスミンの花びらは白いのに、お湯の色が、透きとおった若草色になる。何故蛍光を孕んで見えるのか、幼い私には、かなり不思議だった。乾燥したオレンジ色の粉が、水を含むと、同じビタミンカラーでも、グリーン色に寄る、そのあわい、変化の瞬間を見極めようとして、ホームランアイス、翁標素麺に続いて、限りある地球資源を、また幾分ムダ遣いしていたのだった。

・・・この頃は、発泡もせず、ミルキーに濁りもしない、透明な入浴剤のお湯に、再び浸かってみたくなり、ホームセンターの売り場に向かった。
【香り:ジャスミン 色:若草色】
そう記されているものが、容易に見つかった。
「懐かしいな、これだ」
と、思いつつ、私の右手は、すぐ横の、三日月の下で、色とりどりに花畑がひろがるイラストのそれに、伸びていた。
【香り:気分まどろむ 夢心地の花畑の香り ナイトフィーリング 色:ドリーミィピンク】
ど。ドリーミィぴ。ピンク。
きっと、綿あめが溶けた時みたいな、膨らます前のプチバルーンみたいな、縁日の指輪の中石みたいな、透明なピンクなんだ。これ、買うだ‼︎

しかしである。けれどもだった。
浴槽にそれを解き放った時、お湯は、地味で渋すぎるバーガンディカラー、沈んだ小豆色、や、私が評価2を取り続けた体育の、昭和地方都市中学体操着カラーの臙脂、そのものに染まった。
ドリーミィピンク・・・違う。私にとっては、悪夢の色でしかなかった。

気を取り直して、他社のピンクを求めてみた。
蓋もピンク。いわゆる薔薇色の薔薇だけではない、黄色、紫、青い薔薇のイラストの下に、バスタブでうっとり状態の綺麗なお姉さんすら印刷されている。なんだかあやしい。だからこそ、きっと真っ直ぐな、混じり気無しのピンクになるよ、きっと。今度は、
【香り:リラックスローズ 色:ローズピンク】
だと。

ふんふんふんふん。
鼻腔から大量のご機嫌音符マークを放出しつつ、パシュッ、と新たな入浴剤の封を切った私は、今度こそと、美しいピンクサファイヤ色のお湯の出現を、待っていたのだが・・・。

香りは違えど、やはり、彩度の低い、くぐもったような赤紫色に、バスタブじゅう、満たされてしまった。ああ。

ううう。大人のパープルピンク、というには、なんだか切なくて、寂しく思う色味。

・・・ことさらに、私が、侘しく感じるには、多分、もうひとつ理由がある・・・。

これらの入浴剤が齎す色は、2年程前に、或る朝鏡を見たら出来ていた、右頬豊麗線横の、シミのそれを想わせてくれるのだ。

・・・この汚いバーガンディのシミは、見る度に心が折れる。けれど、ゆっくりとしたその老班の形状の変化は、生暖かい目で見守るしか術がないらしい。
・・・始まりは、六角形の亀甲印をしていた。ちゃんと真ん中が白く抜けていて、色ムラがあったから、シミ消しメイクの際、難儀だった。そして、その形を暫く保った後、気がつくと、紋章学でいうところの、古フランス式(野球のベースに似ている)の形を取った。
それから、蘭鋳か出目金を、上から見た時のように変化。
今では、正面から出逢ってしまったバルタン星人の頭部のシルエットとなった。

・・・。わかた。わかたよ。
くすんだ紫くんを、いろんなカタチにて、カラダじゅうに、印されていくのだな。益々。これから。

だからこそ、今は我より損なわれていく、若々しい透明なピンクを欲したのだけれど・・・。
[PR]
by chaiyachaiya | 2014-11-12 19:31 | ねこの寝言 | Trackback | Comments(4)


猫と日常と非日常
カテゴリ
Twitter
以前の記事
フォロー中のブログ
最新のコメント
Mitsuki様 コメ..
by chaiyachaiya at 10:09
メールなどでかかりつけの..
by sweetmitsuki at 18:46
こんにちは。 スペース..
by つねさん at 07:18
サンチ氏にはかなわぬかも..
by chaiyachaiya at 12:45
きゃわゆいの~。
by saheizi-inokori at 10:52
あまり高速回転を極めると..
by chaiyachaiya at 11:05
俺は今頃初めて踊ってる。..
by saheizi-inokori at 21:19
俺は今頃初めて踊ってる。..
by saheizi-inokori at 21:18
猫トイレも猫の数より多く..
by chaiyachaiya at 08:13
以前に訳あって、ハウスホ..
by sweetmitsuki at 06:03
最新のトラックバック
検索
その他のジャンル
最新の記事
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧