ふみちゃこ部屋



カテゴリ:未分類( 2 )


この頃は、夢のなかで眠り、夢のなかで目覚めては、ナイトメア続行でちょっと参っているです。

夢のなかで、ふうっと、気を失う感覚で、すべての感覚が途切れる。

時間にして数秒も経ていないのだろうが、数時間は眠っていた状態から目覚めた感覚で、同じ夢のなかで、夢の続きとして、目を覚ます。

数日前の早朝は、こんな夢を見た。

既に十数年前に、鬼籍の人となった父母と、田舎の村にやって来ていた。親類の誰かの見舞いに来たような、父か母の生まれた村の祭りを懐かしみ訪れていたような、ただなんとなくドライブしてたどり着いたような、もやっとした感じはあるのだが、夢のなかの私は、取り敢えずやり過ごしている。
山間の村のようで、坂が多いのだが、目の前の湖が氷を張っているから、季節は冬のだろう。海岸近くの急勾配の丘に立つ木々の根元は、ところどころ、雪の白で覆われている。

父と母が、氷の張った湖の上に一緒に来るよう、私に言った。
「やだ、ちょっと気温高くなって氷割れたら、沈んじゃう」
と抗議するのだが、気がつくと、父と母と同じように、水面に張られた氷の上に、私は居た。
そして急に強烈な眠気に吸い込まれ、私は気を失った。

どれくらい時間が経ったんだろう。湖の氷は溶け出し、破れる寸前だった。危ない。
父も母も、見当たらない。
悲しい気持ちで、なんとか急いで陸に上がる。

父も母も、私が眠ったのを確認し、放置して、いなくなっちゃったんだ。

そう感じた瞬間、波打ち際の浅い水面に、父と母が、仰向けに横になり、波に揺られているのが見えた。
二人の耳も口も鼻も、波が来るたび、水面の下になっている。
まずい。

私が父と母に気づいた一瞬の後、鮮やかな蛍光色のスポーツウエアを着た中年の男女が、レスキュー体勢で駆け寄り、父と母を、引き上げてくれた。
そのさなか、蛍光ピンクとイエローの配色のウエアの女性は、母を持ち上げながら、
「この人は、冷たくなってる。もうダメだと思う」
と、言うのだった。

それでも、彼女は、ネイビーに蛍光ブルーのウエアの相方の男性とともに、父と母の身体を揺すったり摩ったりしてくれ、それ程時間を要せず、奇跡のように、父も母も、何事もなかったように、甦った。私も、父と母に、いっぱい、触れた。

「帰り、〇〇村のほう、まわって寄ってみるか」
父は、言い、母は、
「まさか自分が預金通帳忘れるなんて思わなかった」
と、海岸に座っている私の前で、不機嫌そうに立ち上がり、大股で去っていくようだ。
と。
目覚めた。

支離滅裂だけれども、私の、無意識の心象映像の部分も認められ、何より、氷や水の質感にやられ、父と母の身体の、死の冷たさからジワジワ変じていく肉の温みにやられ、汗びっしょりで目覚めてしまった。

夜は充分白んでいたが、午前四時前・・・。

再び眠ったら、またナイトメアが待ってるかもしれない・・・。

私は寝室を出て、キッチンへ直行し、前の晩残したスパークリングワインを取り出し、シャンパングラス(フレディ マーキュリーがステージでピアノの上に置いていて、オーディエンスに振りまかしたタイプじゃなくて、細長く、ぎょうさんいただける方)に、ていやっ、と注いで、ゴクゴク飲んだ。

落語の師匠とは違う意味で、“今日も四時から飲み” をしてしまったのだった。

最近、眠りのなかで、眠ってしまう。それ自体は、むしろ、気持ちがいい。夢の入れ子構造の奥底で、おやすみを続けたい。

夢という、無意識が絡む領域ですら、寝落ちして、逃げる算段な私なんだろうか。

情けないなぁ。


[PR]
by chaiyachaiya | 2017-07-21 17:01 | Trackback | Comments(0)

カネバヤヘルンダニーダイエットについて。

2008年頃だろうか、リーマンショックの風は、針となり、私の心じゅうををめくら撃ちしてくれたのだが、身体にとって、針は鍼となり、“痩” のツボの狙い打ちとなったらしく、一年半で17Kgの減量となったまま、いまだリバウンドしておらぬ。
や、ただショックでご飯が喉を通らなくなり、拒食となり、脂も落ちたが、筋肉も失っただけのハナシやもしれぬのだが・・・。
ああ。今宵も、かさかさと、身体が軽い。
かさかさの身体に、発泡酒や缶チューハイが、満遍なく沁みていくことよのぅ。

「どやしてそったらにやへだのさ?」
(どのようしにて、そんなに痩せたの?」
と、擦れ違う民たちが私に問うてくる。
「かねばやへるんだにー」
(食べなきゃ痩せるのよ)
私は答える。
「カロリーは概ねアルコールだげで摂ってさ」
事実である。

そして、自分でもちょっと驚いているのだが、毎年、身体検査、じゃない、あ、なんて言うのだったっけ、んだ、健康診断だ、その数値が、少しづつ改善されてる。

図らずも、結構ケンコー的な、名づけて、カネバヤヘルンダニーダイエット。
その奥義を、徐々に明かしていきたいと思う。

などと言っている私であった。


[PR]
by chaiyachaiya | 2017-05-26 21:53 | Trackback | Comments(0)


猫と日常と非日常
カテゴリ
Twitter
以前の記事
フォロー中のブログ
最新のコメント
Mitsuki様 コメ..
by chaiyachaiya at 10:09
メールなどでかかりつけの..
by sweetmitsuki at 18:46
こんにちは。 スペース..
by つねさん at 07:18
サンチ氏にはかなわぬかも..
by chaiyachaiya at 12:45
きゃわゆいの~。
by saheizi-inokori at 10:52
あまり高速回転を極めると..
by chaiyachaiya at 11:05
俺は今頃初めて踊ってる。..
by saheizi-inokori at 21:19
俺は今頃初めて踊ってる。..
by saheizi-inokori at 21:18
猫トイレも猫の数より多く..
by chaiyachaiya at 08:13
以前に訳あって、ハウスホ..
by sweetmitsuki at 06:03
最新のトラックバック
検索
その他のジャンル
最新の記事
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧