ふみちゃこ部屋



子どもの祭りと8枚羽根トンボの秋

「今朝、不思議な夢見た。窓のすぐ外に、羽根が8枚あるトンボが、大小二匹づつ飛んでる、というか、空中で止まってた。大きい方は、大人の掌ぐらいもあって、紫にキラキラしてた。へえ、こんな羽根の数のトンボもあったんだ、って、子供たちと図鑑調べなきゃ、って言ったところで、目が覚めた」

夢で見たという、8枚羽根巨大トンボの紫の輝きが、瞳の虹彩に、その名残りを宿したようなキラキラぶりの表情で、家人が言いました。けれど、
「は、はあ、あ、そう」
子どもの通う小学校の秋の祭りを明日に控え、午前中から準備のお手伝いに向かわねばならない私の反応は、あるかないかにとどまりました。

その年の初秋は、それまで幾十年も、危うい薄い被膜のようなもので、何とか隠されて来ていた或る問題が、恐ろしいカタチで表面に、ブワリ、浮き上がり、そしてそれは、まだまだ氷山の一角でしかないんだと、なす術もなく、思い知らされる日々を送っていたんです。(抽象的な言い表わし方で、ごめんなさい)

私がその秋、眠りの中で見ていた映像や、体験していた出来事は、カタルシスに向かっての、くらい暗示であり、恐ろしい絵柄による、けれど何処かほっとする、不可思議な謎解きパズルであり、自分のこころの核の意外な強さの兆しだったり、していました。あれやこれやのナイトメアに、魘されるは、時には癒やされるは、な奇妙な季節を生きていました。
起きていても、眠りの中でも、空気が、ごく緩いゼリーになって、水気と僅かな抵抗をともなって、私をくるんでいるように感じていたんです。

「え、と、うどんコーナーの教室の飾り付け、お願いしま〜す」
うどんコーナーのリーダーさんが、明るい声で言いました。
土曜日の真昼に、家族を置いて家を出、校舎に集まったお母さんたちの顔は、参観日に見る表情とは違い、何処か解放されているように感じます。
「ほ〜い」
私にも、救いの時間となりました。
皆、一様に、柔らかい笑顔で、一定の朗らかさを保ち、こうして、机を重ねて台として、支え合い、教室の天井に、紙テープを張り巡らせたり、色紙リングをぶら下げたり、切り抜き金銀星を壁に貼り付けたりしているけれど、私だけじゃない、きっと、どのお母さんも、程度の差こそあれ、懸念事項ずっしり満載ですよ状態かもしれないんだ。
などと、ひとりよがりに想い、勝手に癒されていました。

そして、黒板に、様々な色のチョークで、デッカく、『うどんコーナー』『めちゃめちゃ美味しいよ‼』などと、書いていた時です。
「これさ、昨日作ったんだけど、仕上げに、何処かに飾ってください」
リーダーさんの、手にあるものを見た私は、「ひぃッ」と「ぎゃあっ」を、むしろ息を吸い込みながら、同時に発してしまった心地になりました。

それは、色画用紙や煌めくモールで作られた、トンボ、だったんです。
大小、二個づつ、幾つかセットで、そう、大きいトンボの胴体は、紫のキラキラで、巻かれていました。(子トンボのほうは、緑キラキラ)
羽根の縁取りが、羽根本体とずれているために、まさに、大小それぞれのトンボは、8枚の羽根を付けているように見えます。

「これ、このトンボ、窓に貼ってもいい?」
ひとり興奮して、私は言いました。
「あのね、今朝、オットくんが、8枚羽根の親子トンボの夢見て、んで、窓のところにいた、って言うから」
「え〜、そうなんだ、いいよいいよ、貼ろ貼ろ」

家に帰ってから、子らに、おとーさんの夢がめちゃ当たった、予知夢、おとーさんも見たよ、と、激しく伝えましたところ、
「へー」「はあ」
という緩い反応が返って来るばかりでしたが・・・。

多分、家人の無意識の層にも、じわり、これから起こることについての、非常事態宣言がなされ、ちょっと、夢の領域に、不思議に作用してしまったのだろう、というのは、家人と私の共通の感じ方でした。

同じ年の晩秋、私は、もう一度、8枚羽根のトンボを見ています。
11月になってから、家の塀の上に、西陽に最期の温もりを求めたのか、色の失せかけた、かさかさのアキアカネが、羽根を休めていました。
ところどころ、それぞれ小さく切れ裂けた4枚の羽根は、強い西陽を受け、淡く橙に染まった、灰色の塀の上に、濃い影を写し、まるで8枚の羽根の浮力で、もう一度空へ浮かびあがろうとしている風情。

旅に出る先は、もはや、この世ではないのでしょう。

ヤゴの時代を過ごし、無事に羽化してトンボとなり、空を飛び、こうして、羽根がぼろぼろになるまで、蜘蛛の巣にも掛からず、小動物に殺められることもなく、生き抜いた、トンボという小さな命は、彼の意志とは関係なく、夕刻の微風に、8枚の翼を振るわせながら、今まさに、旅立とうとしていたのでした。
[PR]
by chaiyachaiya | 2013-10-26 15:03 | ねこの寝言 | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : http://fumichako.exblog.jp/tb/18855440
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by saheizi-inokori at 2013-10-26 21:33
現役時代、背広の襟にまいにちピンバッチをつけていきました。
トンボのバッチも多かったなあ。
Commented by chaiyachaiya at 2013-10-26 22:05
私は、とーさんに、“極楽トンボ”呼ばわりされていました。
Paradise Dragonfly な私は、脳天気(死語?)に、ごおお〜て、メガニウラの如く、飛んでいたのでした。
Commented by sweetmitsuki at 2013-10-27 23:09
そういえば秋虫の鳴き声もいつの間にか聞こえなくなってしまいましたね。
蚊に刺されないのはありがたいですけど、虫がいなくなってしまうのは、ちょっと寂しいです。
Commented by chaiyachaiya at 2013-10-28 09:52
こちらでも、三週間程前までは、虫の鳴き声が聞こえていました。結構寒くなっても鳴くんだなあ、と感心していたのですが、紅葉進み、近くの山も冠雪しました。また冬が、のっし、のし、とやってきそうです。ぶるぶる。
<< 概ね35年前の透明ヒョウ柄事象... インドの四段お弁当箱とアスレチ... >>


猫と日常と非日常
カテゴリ
全体
難儀なこと

鯉のぼり
座敷童子さん
骨、或いは私の愛の物語
本棚
裁判傍聴

ねこの寝言
ツタンカーメンのこと
あの宿に泊まってから
ふみちゃこカウンセリング小屋
穢い星の物語り
ミリ子の嘘つき帳
妖魚の家
淡町銀座の口塞ぎの家
未分類
Twitter
以前の記事
フォロー中のブログ
最新のコメント
Mitsuki様 コメ..
by chaiyachaiya at 10:09
メールなどでかかりつけの..
by sweetmitsuki at 18:46
こんにちは。 スペース..
by つねさん at 07:18
サンチ氏にはかなわぬかも..
by chaiyachaiya at 12:45
きゃわゆいの~。
by saheizi-inokori at 10:52
あまり高速回転を極めると..
by chaiyachaiya at 11:05
俺は今頃初めて踊ってる。..
by saheizi-inokori at 21:19
俺は今頃初めて踊ってる。..
by saheizi-inokori at 21:18
猫トイレも猫の数より多く..
by chaiyachaiya at 08:13
以前に訳あって、ハウスホ..
by sweetmitsuki at 06:03
最新のトラックバック
検索
その他のジャンル
最新の記事
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧