ふみちゃこ部屋



ボリウッド三大カーンの襲来と削り節吹雪の夜

日活様、有難うございます。
地方都市で、ボリウッドムービーが、四本も観られるなんて、ああ、私の目が黒いうちに、こんな僥倖に会うとは、思っていませんでした。
でっかい画面、日本語字幕付き、おおお。

数年前の夏、私は、こんな、いと小さきぼやきを漏らしていた。
「インド映画好きな人って、韓流ファンの何十分の一もいないんだろうね。お、おらあ、いつも、マイノリティだったかんね〜」
間髪無く、本当はいと心優しき幼稚園からの同級生N氏が、
「◯◯子、君は、マイノリティですらない、ひとりなんだって」
と、返してきたのだが、ふっ、形勢は変わるやもしれぬ。

・・・走る電車やバスの上に鈴生り状態で、白い歯列を見せた笑顔で、ヒロインダンサー以外は、命綱無しで、踊ったりするインド映画。目の眩むような高さの鉄橋を、そのままの余裕の表情で、踊って渡る。あの電車の上に立つシルエットは、ボリウッドキング、シャールク カーンそのものだけれど、本当に本物なのだろか。
スイスの、雪の山々を背景に、時には、真白き山の懐に入り、サリーやチュニアチュリ(インドっぽいブラウス&スカート)で、仰け反り舞うインド女優。
美しく生まれてきてしまい、モデルとして生きるならば、必要なことは、巡り逢わせと、ポージングなど。女優になるなら、巡り逢わせと、演技の力など。
でも、インドで女優として張っていくには、ダンスも、ちっとはこなせなくては。
ボリウッドアクトレスは、おすましポーズで固まってなどいられない。ダンスアクトの中には、伝統の様式を織り込んだものもあるから、ちょっと滑稽な表情や動きもして見せなくてはならない。

シャールク カーン、サルマン カーン、アーミル カーン、の、今季襲来中のボリウッド三大カーンは、今、既に四十台半ば過ぎで、加齢による渋みにより、顔の濃ゆさが軽減され、何とか日本人にも受け入れられやすい状態になっていると思うのだが、若い頃の彼らの顔は、濃ゆ可愛いお人形たんみたいだった。
シャールクだけ、可愛いに野獣要素が混じり、それを神秘的と解釈した私は、シャールク カーン大好きばあさんとなった。

しかし、タミル語圏のスーパースター ラジニカーントの後、この国で、インド映画、ボリウッド製の一本がヒットするとしても、シャールク カーン主演のものではないのだろうな、と思っていた。
東南アジア各国や、近年アスペルガー症候群の男性を演じた「マイ ネーム イズ カーン」公開以降、ドイツでも人気の高いシャールクなのだが、インドで一番セクシーな男に選ばれたりする結果、例えばダンスシーンにおいて、フェロモン出さなきゃ、ここで、ファンは、ググッと来るとこだし的に、無駄に頑張っている感を、私などは感じてしまう。

今回襲来中(ひ、ひつこい)の、日活ボリウッド4の作品のうち、スピルバーグ監督が3度観て、世界の幾つもの国で、リメイクが決まっている「3idiots」邦題「きっと、うまくいく」は、インドの歴史を絡めた作品の「LAGAAN」で、主演やプロデュースを務めた、3カーン中最もインテリげんちゃん数値の高そうなアーミル カーンの主演作品だ。
よくよく練られた脚本のなかに、死、友情、恋、誕生etcが、こってりしっかり、伏線ばっちり、笑いとともに、迫ってきて、飽きさせなかった。
一緒に観に行った友人の鼻をすする音が、映画の中盤前から、頻回に聞こえてきていた。
「あれ、花粉症、まだ引きずっていたんだっけ?」
と、映画終了後、野暮な質問をしてしまった。
友人は、節目節目に、律儀に、涙していたのだった。ちなみに、彼女は、シャールク カーンが、ヒロイン女優ジュヒー チャウラと来日した際、生シャールクに会った勇者である。

風にロングヘアを靡かせ、駆けるヒロイン、胸を反らして両手を広げ、それを受けとめるヒーロー。
日本の映画館では、インド映画ダンスシーンに概ねもれなく付いてくる、この手の場面で笑いが起こるという。数日前、英語のリチャード チェンバレン先生(仮称)に、そんなインド映画特有のシーンを説明し、訊いてみたところ、「それは、自分も、自国民も、笑うだろう」とのことであった。

「きっと、うまくいく」が、新宿で満員御礼も出ているという理由には、脚本の良さ、前評判も大いに関係しているのだろうが、ダンスシーンに、フェロモンごとやらセクシー事象(?)を交えず、もう徹底してお笑いのパートとして撮った、という事もあるように思う。日本人の観客の気持ちを後退りさせずに済んだのではあるまいか。そもそも、ダンスシーンは、これまでのインド映画に比べると、少なめだった。
その分がいい意味でドラマにまわったことも、インドのみならず、これまでのインド映画圏以外の国での成功に繋がった理由の気がする。

・・・インド映画。濃い顔の人びとの濃い顔の人びとによる濃い顔の人びとのための映画。ああ。
濃くない顔の人びとにも、もっと浸透したらいいな。

「きっと、うまくいく」鑑賞の後、インドカレー屋さんで、友人とインド映画話しに極彩色の花(?)を咲かせたその夜、私は、とってもいい夢を見た。
「きっと、うまくいく」のヒロイン女優、カリーナ カプールのようなものになって、私は、インドのアカデミー賞、フィルムフェアー賞の、ベストアクトレスとして、大歓声を受け、ライトを浴び、ハラハラと花吹雪も降り注ぐなか、、今まさに、ステージに上がろうとゴージャスなピンクのドレスの裾を持ち上げようとしていた。
その時だ。
ふと見降ろした私の手のひらが、トップ女優である私の手のひらが、肉球付きの、猫のそれになっていた。
「ドレスの裾、爪で引っ掛けて持ち上げるっきゃないのか?」
と、それでも呑気な事を考えてる私に落ちて来る花びら達も、損じた押し花のように色褪せ、あれ、なんだか生臭い。あ、あれ〜っ、これ、削り節だあああああ〜っ。

目覚めると、既に朝ぼらけの空気のなか、うちの飼い猫のジュヒーが、私の顔の傍で、こちらを見ていた。ジュヒーのふたつの小さな鼻腔から、柔らかな風が、そっと、規則的に、吹いてくる。
私の鼻の息で、ジュヒーの極細のロングヘアーも、揺れている。

まだ夢から抜け切らない私は、ジュヒーと私の、ダブルヒロインが、猫ボリウッドで、風を受けながら、ロマンチックなダンスシーンを撮り始めてでもいるような、よくわからない心持ちのまま、暫しぼうっとし続けたのだった。
[PR]
by chaiyachaiya | 2013-05-23 23:08 | ねこの寝言 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://fumichako.exblog.jp/tb/17833972
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 成田亨のウルトラ怪獣と馬場隆志... 富岡多恵子さんの言葉と橋下市長... >>


猫と日常と非日常
カテゴリ
Twitter
以前の記事
フォロー中のブログ
最新のコメント
Mitsuki様 コメ..
by chaiyachaiya at 10:09
メールなどでかかりつけの..
by sweetmitsuki at 18:46
こんにちは。 スペース..
by つねさん at 07:18
サンチ氏にはかなわぬかも..
by chaiyachaiya at 12:45
きゃわゆいの~。
by saheizi-inokori at 10:52
あまり高速回転を極めると..
by chaiyachaiya at 11:05
俺は今頃初めて踊ってる。..
by saheizi-inokori at 21:19
俺は今頃初めて踊ってる。..
by saheizi-inokori at 21:18
猫トイレも猫の数より多く..
by chaiyachaiya at 08:13
以前に訳あって、ハウスホ..
by sweetmitsuki at 06:03
最新のトラックバック
検索
その他のジャンル
最新の記事
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧